ホワイトブログ・ラングドシャ

ナガタコウのブログです。

2018-2019 ラオス旅行記 vol.2

vol2.の道のり】 

 

 12/30 ビエンチャン→ルアンパバン

 

…だけ⁉︎

だけっす。すんません。

 

【以下本文】

 

 国内線でビエンチャンから目的のルアンパバンに到着した頃には、辺りはもうすっかり夜になってしまっておりました。

f:id:ofurofilm:20190126020707j:plain

 「ホテルまでどうやって移動しようか」という面倒な問題は頭の片隅にギュッとねじ込んで、ひとまずエコノミーシートで損ねた膝の機嫌をとるための屈伸運動に全精力を注いでいたところ、先ほどから同じ旅行者風の若い白人アベックがチラチラとこちらを見ていることに気が付きました。母国ニッポンでは、見知らぬ人様がチラチラとこちらを見ていた場合、「オォ?」や「アァン?」「ナメトンカワレ」といった呪詛を唱えながら相手に近づき、胸ぐらを摑んで顔に勢いよく唾を吐きかけるのが男性社会のマナーであるわけですが、ここは異国の地、自分たちの文化をお披露目したい気持ちをグッと堪えて「ハロー!」と笑顔で挨拶をしました。

 

f:id:ofurofilm:20190126020816j:plain

 チラ見容疑の白人アベックと少し話をしてみると「タクシー代を安くあげるために、互いのホテル近くの大通りまで相乗りしよう」といういかにも三文旅行記にありがちなベタベタ展開となりまして、適当に捕まえて適当に値段交渉した適当なおっさんのトクトクに4人で乗り込みました。

 走行中、ルアンパバンの生温かい夜風に揺られながらこのままホテル近くに到着して後は寝るだけ!という安心感で、眼球ロンパリヨダレ垂れ流し職質待ったなしのアホ面かましてボケーッと景色を見ている俺に、チャーリー・セクストン似のナイスガイな彼氏は持ち前のサービス精神を過剰に発揮して到着までの20分余りの間、身振り手振りも交えながら継ぎ目なく楽しげに話をしてくれました。しかし、こちとら体力と学力が完全に不足しているので「俺たちはジュネーブから来た」以外何を言ってるのか全然分からないまま笑顔で別れました。

 

f:id:ofurofilm:20190617120435j:plain

 適当に値切りすぎたせいか、トクトクのおっさんは予定していた場所よりも離れた地点で半ば職務放棄的に俺たちを降ろし、渋々夜の大通りを地図片手にえっちらおっちら15分ほど歩いたところで、ようやく日本から予約しておいたホテルを発見しました。早速チェックインするべく受付に向かうと、一目でこれは面倒臭いと判断出来る類の書類手続きを求められたので、それらを余すところなく友人に押し付けてソファの割れ目に顔を埋めたり、一足先にウェルカムドリンクを注文したり、生ぬるいレモンスカッシュにむせ返ったりしているうちに全ての手続きが済んでおりました。もちろん日本からホテルを探して予約してくれたのも友人です。いつも大変お世話になっております。https://www.youtube.com/watch?v=10VMVBAKBcM

 

f:id:ofurofilm:20190617120735j:plain

 そうこうして部屋に案内され、悲願であった重い重いバックパックからの解放をついに果たすことが出来ました。俺はこの時すでに弱音だけで写経が出来るぐらいに疲弊しきっていたので、我先にとズボンを脱ぎ脇目も振らずに布団&枕ズとよろしく乳繰り合い始めていたのですが、友人の方を見るとなにやらジョニー大倉のロックンロール抜きといった風貌の精勤そうなラオス人青年から地元のナイトマーケットの場所を聞き出しており、「こいつマジか」を惜しみなく顔に漏らす俺を見て、事もなげに「今から一緒に行こうや」と言い出しました。

    もしもこの時の俺の「行きたくなさ」が握力に変換されたならば250kg強を悠々と叩き出し、エリックファミリーを軒並みリング上でぶち殺してプロレス界の破壊神として今もなお語り継がれ続けているほどでしたが、現実世界ではもはや舌打ちをする気力すら残っていなかったので唯々諾々と従い、絶対にそんなイヤイヤ行く催しではないと思うのですが、ヤブだと分かっている歯医者に向かう心持ちでルアンパバンのナイトマーケットへと向かいました。

 

f:id:ofurofilm:20190126021312j:plain

 過去のタイ&ベトナム旅行時の経験から淡く期待はしていたのですが、ラオスのTシャツの、脳みそを出来るだけ使わずに作りました!感満載でどこをどう間違っても高級品には見られないチープイズクールを地でいく最高のデザインの数々に魅せられ、うっかりユルユルのガバガバになろうとする財布の純潔を守るのに一苦労でした。もし俺がおじいちゃんおばあちゃん(ワンセット)ならその場で速攻で生命保険を解約して店ごと買い占めていたところですが、俺はおじいちゃんおばあちゃん(ワンセット)ではないので普通に2枚だけ買って店を後にしました。

 その後数ブロック歩いたところで、大量の怪しげなビンに囲まれた控えめに言って穢多非人スタイルの老婆に呼び止められ、コブラやサソリの死骸がもりもり浮いているアントン・ラヴェイのおやつですか?的なウォッカを2人とも勧められるがままに5杯6杯と飲み干しました。そして老婆が7杯目を差し出してきたあたりで、生来酒に弱い宿命を背負う友人の顔色は土気色を通り越して、腐り落ちて爆ぜた隣家の柿のようになり、小刻みに震える唇で「行こ、死ぬ」と絞り出すように呟き始めましたので逃げるようにその場を去りました。

 

f:id:ofurofilm:20190617120814j:plain

 すでに酩酊というよりは軽いてんかんに近い震え方をしている友人の背中をさすり歩き、到着したマーケットの最奥には大きなライブステージが特設されており、そのステージ上では可愛らしい現地の女性がポンチャック風のペラッペラな二拍子爆音オケにのせて異様に抑揚のない歌声を披露しておりました。

    そのラオス李博士とも言える音の津波に、先ほどのサタニズムウォッカ7連発で軽く融解した脳みそは完全にメルトダウンさせられ、下手なクラブの泡パーティよりもタリラリで踊ってしまった気がします。「気がします」という変な言い方をしたのは、不思議とこの時の記憶だけがすっぽりプチ・ブラックアウトしており全然思い出すことが出来ないからです。そんなトルエンみたいな青臭アシッド体験でこの日のナイトマーケットは幕引きとしました。ちなみに泡パーティには一度も行ったこともないし誘われたことすらありません、見栄を張りました。

 

f:id:ofurofilm:20190126021432j:plain
 不気味なアルコールと不快な轟音による動物実験的苦痛に苛まれる中「なんでもいいから胃に放り込みたい」という方向で二人の欲求は合致し、帰り道を辿る道中目についたレストランにすかさず飛び込みました。一般的な旅ブログにとって肝心要と言える食事内容については一切覚えていないので写真を見て判断する限り、カオニャオ(a.k.a 無味おはぎ)とラープ(a.k.a.酸っぱ挽肉)、カオソーイ(a.k.a 薄カレーラーメン)などを食べたのだと思います。以降、同じ料理について書くときはアダ名で呼びます。

 前回も書きましたがラオス料理の味付けはかなり口に合うので、美味い美味いとたらふく食ったおかげで少し元気と体力を取り戻し「来てよかったなぁ〜」「明日はなにしよっか!」などと二人で笑い合いながらホテルに帰ってぐっすり眠りました。次回vol.3では二人共バイク事故で死にかけます、他人の不幸の詳細を乞うご期待!