ホワイトブログ・ラングドシャ

ナガタコウのブログです。

2018-2019 ラオス旅行記 vol.4

【vol4.の道のり】

 

01/01 ルアンパバーン-クアンシー滝周辺

 

【以下本文】

 

 秋が来たなぁーと思い見上げていた紅葉が、翌朝には全て散っているがごとき有無を言わさぬ速度で冬がやってまいりましたが、皆さま体調も崩さずお元気にされていますか?

 元気に食べ物を食べたり、飲み物を飲んだり、歩道に仰向けにぶっ倒れている爺に大丈夫ですかと尋ねて、

「…寝とるだけやぇ!!」

と叱られたりしていますか?私はしています。お久しぶりです、ナガタです。

 

 世間はもうすぐクリスマスなわけですが、私が二十歳の時にガールズバーバーテンダーご意見番として働いてた頃、イヴの夜に小汚い爺が一人で来店しまして、カウンターに座るなりおもむろにビニール袋に入った栗を取り出し、店の女の子たちに配り始めたんです。

 突然の小汚い秋の再訪に、もちろん店内の気温は外気を大きく下回ったわけですが、爺は懸命に、

「エミちゃんの栗はこのくらいかなあー?ユリカちゃんの栗は…」

と、次元の低すぎる下ネタを添えて栗を配り続けます。

 しかし、朝も昼もまとめて夜に売り渡したアマゾネス達にとっては、ドリンクも奢らない爺の下ネタなど児戯に等しく、石のように口を閉ざして冷笑すら返しません。

    あまりの空気に耐えかねた私が、

「飲み物はトリスでいいですか?」

とせめてもの手向けを送ったところ、ようやく何人かの女の子が少し笑い出し、ホッと胸をなでおろしました。

 

    その一言が仇となります。

 

   一世一代の下ネタを”持っていかれた”爺は顔を赤らめて逆上、血圧が心配になるほどの大声で、

「これ一本入れっから!お前一気に飲め!!!」

と言い出しました。

   無論そんなことはできないので、薄ら笑いで逃げ切ろうとしていたところ、一部始終を見ていた客達が無慈悲にもコールをし始めましたことで風雲は急を告げます。焦って辺りを見回すと、女の子達までもが手の平を返して楽しそうに叫んでいます。

「イッキ!イッキ!」

「イッキ!イッキ!イッキ!」

「イッキ!イッキ!イッキ!イッキ!」

 

   …目を覚ますと見知らぬ畳の上で毛布を被っていました。

   頭痛と吐き気を堪えて部屋を出てみると、これまた見知らぬ爺が朝食を食べています。事態が飲み込めないで立ち尽くす私に彼が語ってくれたところによると、泥酔して玄関先に倒れていたところを介抱してくれたとのことでした。

    お礼を言って家を後にしようとしたところ、奥様のものと思われる仏壇に甘栗が供えられているのを見つけて、運命というもののしょうもなさに戦慄しました。爺から爺へと渡り歩くクリスマスも悪くないものです。

 

f:id:ofurofilm:20191102171221j:plain

   さて、余りにも長い前置きを見て賢明な読者の方々は既にお気付きかと思われますが、今回は”マジで大して書くことがない”のです。爺のエピソードは水増しにはもってこいです。オススメ。

   なので、多少駆け足になりますが、変わらぬご支援ご協力ご嘲笑を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

f:id:ofurofilm:20191102171355j:plain

  前回死線を緩やかにさまよった挙句到着したのは、”バーン・サーンハイ”という、普通に言えばクソ田舎、よく言えばのどかな小さな村です。

 この村からは”パークウー洞窟”への船が出てまして、そこは4000体もの仏像が安置されている事でそこそこ有名な観光地になっているのです。

 正直なんの興味もないし身体中痛いのでこのまま引き上げてもよかったのですが、友人が、

「4000体の仏像は見ておきたい」

と言うので、早食いのくせに信仰心はあるんだなと感心して着いて行くことにしました。

 

f:id:ofurofilm:20191102171916j:plain

f:id:ofurofilm:20191102171421j:plain

 村ではたくさんの子供達が嫌な顔一つせず懸命に働いています。日本もこれに見習って、バカな子供には進研ゼミなんて無駄なことはさせず、労働力として使い尽くした後はカブと煮込んでシチューにでもするのが正しい道なのかもしれません。

 

f:id:ofurofilm:20191102171528j:plain

f:id:ofurofilm:20191102171555j:plain

 半壊したボート小屋にあるのは半壊したボートと相場が決まっていますが、船首が大丈夫だと言ってはばからないので、”最悪泳げる距離っぽい”ことを確認した上で乗り込みました。エンジンは何度引っ張ってもかかりません。

 

f:id:ofurofilm:20191102171631j:plain

 冷めきった目でかからないエンジンを眺め続ける我々の横を、立派な屋形船が悠々と行進していきます。地獄の沙汰も、仏像を拝むのも金次第です。

 

f:id:ofurofilm:20191102171727j:plain

f:id:ofurofilm:20191102171706j:plain

 辿り着いた”パークウー洞窟”には、前情報の通りに大量の仏像が安置されていました。

 ”すごい多い”とか”すごい大きい”に人間はとりあえず圧倒されるもので、しばらくはその絢爛さに目を奪われていたのですが、一つ一つの仏像を見てみると中には明らかに手を抜いているものもあり、

「とりあえず数を集めたいんだ!」

というシマリス強迫症の教徒がかつていたのだろうなと思い馳せました。

 

f:id:ofurofilm:20191102171814j:plain

 洞窟周辺はすっかり観光客目当ての商売人でいっぱいで、写真の女の子は得体の知れない生魚を売りつけようと終始友人に張り付いていました。食うのか飼うのか、用途不明の命を問答無用に売ることも、4000体の仏像の前では一切が赦されています。 

 

f:id:ofurofilm:20191102172117j:plain

f:id:ofurofilm:20191102172208j:plain

 一度ホテルに戻って簡単に傷の手当をした後、夕食のために再度出かけました。

 不安ここに極まれりといった見てくれの橋を渡ってみると、到底似つかわしくない洒落たレストランの姿がありました。どうやらラオス風すき焼きのお店らしく、価格は日本円にして2500円弱と、今考えると決して高くはないのですが、金銭感覚が”東南アジアモード”となってしまっている我々には叙々苑に等しく、背筋を正して今年最後の晩餐をここでとることにしました。

 

f:id:ofurofilm:20191102172230j:plain

 ラオス風すき焼きの味は、アジアかぶれの女がコンソメに訳のわからない調味料を入れまくったような、”普通のでいいのに”系のものでしたが、隣のテーブルに座っていたゲイカップルと思しき白人男性の一人が、相手のじっと目を見つめながら生卵のお尻に箸で丁寧に穴を開けている光景が、フロイトを持ち出すまでもない圧倒的”今夜絶対セックスする感”を醸しており十分に満足する食事となりました。

 

f:id:ofurofilm:20191102172314j:plain

f:id:ofurofilm:20191102172340j:plain

 腹ごしらえの済んだ後は今年最後の礼拝に参加した後、例のポンチャックが流れていた特設ステージ(vol.2参照)に、カウントダウンを見に行きました。

 恐らく知事とか議員とかであると思われるそこらへんの偉い方々が登壇して長々と演説をぶったりしています。そこそこ恰幅のいい中年男が、背広を着て登壇して低い声で喋ると何となく偉い人に見える、というのは万国共通のようです。ハイルルアンパバーン

 

f:id:ofurofilm:20191102172349j:plain

 遂に2019年を迎え、低予算丸出しの花火がしどけなく打ち上げられます。

 周りには白人が多くいたので、絶対にキスしているはずだと確信を持って辺りを見回していると、

 

f:id:ofurofilm:20191102172402j:plain

 ちゃんとしていて、安心しました。

 

f:id:ofurofilm:20191102172410j:plain

 が、盗撮が彼女にバレてしまいました。女は大体キスの時は別のことを考えているというのも、万国共通なのかもしれません。

 

 次回はようやくルアンパバーンを後にします、遂に移動というものをします。

 というかこれ、全部描ききれるのかな…。